ボトムスは、サイズにこだわれ!

ボトムスだって重要なんです!

前回は、トップスのことについて書きました。

トップスは、本当に重要ですよ!

もし未読な方はぜひ読んでみてくださいね。

『トップスは、丈にこだわれ!』

なので今回は、ボトムスのことについて、書きたいと思います。

さて、あなたは、お洋服を選ぶときに鏡を見ながら

「この二段ぽっこりがなあ… …」と、

ため息をついたことはないですか。

わたしは、あります。しょっちゅうです。

ところで、二段ぽっこりは、なぜ生まれるのか。

わかりますか?

「そりゃ、もともとお腹がぽっこりしてるからでしょ?」

実は、そうとも限らないんです。

どうして二段ぽっこりに???

まずは、いつものチェックから始めましょう。

トップスを全部脱いで、ブラも外してください。

そのまま鏡の前へ。

うう、いつものことながら辛い… …けど、がんばって!

あれ?

ぽっこりはしていても、意外とこの段階では段々になっていない。

そうなんです。

二段ぽっこりが生まれるメカニズムを、

バルーンアートの風船に喩えてみますね。

ざっくり説明すると、このバルーンアート。

膨らませた細長い風船のいくつかのポイントをねじることによって、

腸詰めソーセージ状のパーツをいくつも作り、

それを組み合わせて、ねずみの顔や耳にしていますよね?

この「ねじったポイント」をウエストだと思ってください。

わたしたちのお腹は、もともとはこの細長いなめらかな風船と

さほど違いはないんですが、

不自然な力で締め付けているせいで、

お腹のお肉が上へ下へと逃げてしまっている状態なんです。

そもそもそのボトムスって、
サイズ合ってるのかな?

あなたは普段、ボトムスのサイズを選ぶとき、

何を気にしてますか。

「試着して履けた!」「いつものサイズ」

これだけだと、ちょっと危険かも… …。

余裕を持っての「入った!」だったら、いいんですけど。

無理をした上で穿けている場合、

このボトムスのウエストは、風船のねじった部分と同じ状

になります。

わたしたちのぽっこりお肉は、移動しやすいんですよね。

無理にウエストで締め付けすぎると、

お肉は上と下に逃げてしまい、二段ぽっこり

出来上がりに… …。

がんばって履いたジーンズに限って、

二段ぽっこりが目立ってしまうのは、

実はこのせいなんです。

試着では、入った/入らなかっただけじゃなく、

お腹を膨らませたときに、
ウエストが痛くならないか。

ここを基準に、選んでください。

どうしてもワンサイズ下のボトムスを着なくてはいけないときは、

下着にガードルやウエストニッパーを着用して、対応しましょうね。

同じ理由で、アンダーバストがきつすぎるブラも、危険。

ぷよぷよ脇肉や背中の段々は、

きつすぎるウエストとアンダーバストの間に生まれやすいからです。

美しいバストラインのキープも兼ねて、

定期的にお店でチェックしてもらうのもいいかもしれませんね。

ウエストゴムの落とし穴

あなたは、ウエストゴムのボトムスは好きですか?

わたしは大好きー!

見えちゃったら、たまにはずかしいこともあるけど、

楽なんだもん。

でも、このゴムウエストにも少し、注意すべき点がありますよ。

そう、細ゴムは、食い込みやすいんです。

細いゴムが食い込むと、ぎゅぎゅっと締め付けられて、

またまた腸詰めソーセージ状態に… …。

幅広のものを選ぶと、ぽっこりに食い込みにくくなるし、

より広い部分をカバーしてくれるので、とても楽です。

ウエストのゴムはぜひ、幅広で。

ふんわりスカートを攻略してみよう

お腹ぽっこりだって、かわいいスカートは穿きたいですよね。

ふんわりしたスカート穿きたかっただけなのに、

どーん!と広がり過ぎてしまってあーあ… …ってこと。

今までになかったですか?

わたしも、試着室で何度体育座りしたことか… …。

でも、大丈夫。もう凹まなくて、大丈夫。

お腹ぽっこりだって、ふんわりスカート穿けるんです。

ふんわりスカート

お腹ぽっこりさんが下半身どーん!となってしまうスカートは

このタイプです。

ウエストの下にすぐひだが寄せてありますよね?

これだと、ふんわりしているところがお腹にかかってしまうので、

いちばんぽっこりした部分に引っ張られてしまって、

必要以上に広がってしまうんです。

つまり、こういうこと。

ウエストから広がるタイプのギャザースカートは、

避けた方が無難です。

ウエスト高スカート
http://wear.jp/kco3211/4315602/

一方、こちらは「着痩せして見える!」と爆売れした

タックスカートなんですが。

これは、ウエストからすぐではなく、

お腹の下からふんわりしているデザインですよね。

これはタックが長めに入っていることにより、

お腹の丸みを抑えているので、ふんわり、

だけどすっきりに着られるんです。

長タック、つよい。

いかがでしたか?

ボトムスは正しいサイズと幅広ゴム、そして長タック。

この法則は、ワイドパンツやガウチョ、スカンツなど、

他の流行アイテムでも有効なので、

ぜひ試してみてくださいね!

ではでは。またお会いしましょう!