膨張色は、コントラストにこだわれ!

お腹ぽっこりさんでもスリムに見える着こなし術について、

シリーズで書いています。

ぜひ、前回までの記事も読んでみてくださいね。

・トップスは、丈にこだわれ! http://d-colle.jp/tops/

・ボトムスは、サイズにこだわれ! http://d-colle.jp/bottoms/

・ワンピースは、メリハリにこだわれ! http://d-colle.jp/onepiece/

・コーディネイトは、小物とレイヤーにこだわれ!

http://d-colle.jp/cordinate/

・柄モノは、錯視効果を味方につけろ! http://d-colle.jp/pattern/

さて今回は、お腹ぽっこりさんにはむずかしいとされている

「膨張色」について書こうと思います。

色には、膨張色と収縮色というものがあります。

膨張色とはその名の通り、大きく膨らんで見える色のことで、

収縮色というのは、そのものを小さく感じさせる色のこと。

黒、紺色、ダークグレー、焦茶色などが収縮色に当たります。

なので、簡単に言うと、お腹ぽっこりさんのお洋服は、

収縮色を選べば間違いはないんです。

間違いはないんだけど、クローゼットを開けて、

黒、紺、グレー、紺、黒、黒、茶… …って、

それじゃあ、わくわくしないでしょう?

色にはそれぞれ、イメージというものがあるんですよね。

収縮色には「暗い、堅い、重い、地味」といった

イメージがあります。

だからこそ、制服なんかで使われる訳ですが… …

私服ぐらい、好きな色着ましょうよ。ね!

似合わない色なんて、ないよ

そうだなあ… …じゃあ、ピンクを例に挙げてみましょうか。

「ピンクなんてかわいすぎて、自分には似合わない」

なんて話、よく聞きますけど、待って待って!
刺繍メーカーの色見本
http://morio-hobby.com/

たとえば、これ。

刺繍糸メーカーのピンクの色見本なんですけど。

赤寄り、紫寄り、ベージュ寄り、グレー寄り、オレンジ寄り… …

ね。ほら。ピンクだけで、これだけあるんですよ?

「かわいい」だけがピンクじゃ、ないんです。

「かっこいい」ピンクだって、ピンクです。

「大人っぽい」ピンクだって、ピンクです。

これだけあるんだもの。

あなたに似合うピンクだって、必ずあるんです。

じゃあ、どんなピンクが似合うの?

ひとつ、参考例をお伝えしますね。

ピンクの色見本
http://www.renoncule.net/

わたしたちの肌色は、ざっくり分けると、

イエローベースとブルーベースの二種類に分けられます。

イエローベースの人が青み寄りの色を選ぶと、顔色が悪く見えたり、

ブルーベースの人が黄み寄りの色を選ぶと、地味に見えたり

するんですよね。

(※もし自分がどちらの肌色か分からない人は、

化粧品屋さんなどで訊くと、教えてくれますよ!)

自分の肌色を知ると、似合うピンクが見えてくるんです。

あなたに似合うピンクは、見つかりましたか?

では、次。いちばん手っ取り早い方法から紹介しますね。

差し色として、取り入れてみよう

ピンクシャツ

ピンクシャツ
http://kurumani.com/

差し色として、取り入れるパターンです。

これは、メンズの着こなしですけれども、

別にジャケットに限らず、何にだって応用が利きます。

カーディガンやニット、トレーナーの重ね着で、ちらり。

Tシャツの袖で、ちらり。

ワンピースの襟元で、ちらり。

ピンクは、紺色、グレー、カーキなどとも、

とても相性がいいんですよね。

少ーし入れるだけでも、全然変わりますよ!

これならすぐ、できそうですよね?

慣れてきたら次は、上下どちらかに取り入れてみましょう。

明るい色は、トップスに

トップスとボトムス、どちらかにというのであれば、

断然、トップスがおすすめです。

なぜなら、顔映りががらりと変わるから。

レフ板効果で、肌や表情が明るく見えるんですよね。

でも、どーうしても白パンツが穿きたい!って日もありますよね?

白いパンツ
http://wear.jp/

そんなときは、このように。

濃い色のトップスと、合わせてみましょう。

ロング丈のシャツやワンピース、チュニックを合わせて

白の分量を、腿の真ん中から下ぐらいに抑えると、

そんなに膨張して見えませんよ。

最後に、広範囲で取り入れるコツをお話しますね。

むずかしそう?全然!そんなことないですよー。

濃い色で、抑えてみよう

たとえば、雑誌などでもよく見かける、こんなコーデ。

甘辛コーデ
https://kaumo.jp/

俗に「甘辛コーデ」と呼ばれているコーディネイトですが、

これは本当におすすめです。

ハードな色と合わせると、俄然広がって見えなくなるので、

ぜひどんどん試してみてください。

それから、ちょっと過去記事のおさらいになりますが、

「ワンピースは、メリハリにこだわれ!」でしたよね?

「目線を上げる」ストールを、濃い色にしてみましょう。

小物だから、原色や柄モノでも大丈夫。

「縦線効果抜群な」ロングネックレスで、アクセントをつけるとか。

ピンクのドレスにロングネックレス
http://wear.jp/
ピンクのドレスにブルーのベルト
http://www.fantadress.co.jp/

ベルトを収縮色にするだけでも、だいぶすっきりします。

この場合だと、ボレロの色もお揃いにしてもかわいいかも。

いかがでしたか?

何度も言いますが、似合わない色なんてないんです。

わたしたちが膨張色を着たって、何もおかしくなんかない。

ちょっとしたコツが必要なだけなんです。

一般的には、膨張色には「軽い、明るい、優しい、かわいらしい」

といったイメージがありますから。

ぜひいろいろ工夫して、かわいく着てみてくださいね。

ではでは。また、お会いしましょう。